失敗

パパ活が違法になるパターン3つ!援助交際・売春との違いを徹底解説

男性管理人
男性管理人

こんにちわ!管理人の亮介です。

パパ活女子の中には、「パパ活は違法じゃないの?」と気になっている人は多いと思います。

お金をもらっているのだから、と援助交際や売春と同じようにも捉えられがちです。

今回は、みなさんが気になっているパパ活・援助交際・売春の違いと違法性について徹底的に解説します。

これからパパ活を始めるあなたにも、パパになりたい男性にもぜひ知っておいてもらいたい内容ですよ。

パパ活自体は違法ではない

管理人
管理人

結論から言うと、パパ活自体は違法ではありませんが、違法になるパターンもあります。

パパ活そのものは法に触れない

パパ活については、よく援助交際や売春と同じようなものとイメージする人も多いでしょう。

パパ活は、女性がパパとした食事やお茶などの「デート」に対して、楽しい時間を過ごさせてくれたお礼としてお金をもらうことです。

対して売春禁止法で違法とされている売春は、不特定多数の相手と行った「性行為」にたいしてお金をもらうこと。

パパ活と売春は似ているようで全く違うものとなるので、パパ活自体は違法とは言えません。

違法になる場合もある

しかし、パパ活が違法に繋がってしまう場合もありますので注意が必要です。

未成年との肉体関係ありのパパ活や、既婚者とのパパ活などは、逮捕されたり訴えられる可能性があります。

パパ活にもリスクが伴うということをしっかり頭に置いて行動しなければなりませんよ。

パパ活と援交・売春の違い2つ

1.対価を得る方法

管理人
管理人

パパ活と援交・売春の1つ目の違いは、お金をもらうためにする行為です。

援交・売春は性行為

援助交際は、「不特定の相手との性行為の対価として金銭を受け取ること」です。

あくまでも性行為に対してお金をもらいます。

パパ活はデート

管理人
管理人

パパ活は、性行為の対価としてパパからお金をもらっているわけではありません。

パパ活は「食事などのデートの見返りにお小遣いをもらう」行為です。

あくまでも楽しい時間を提供してくれた女性へのお礼を上げているだけなのです。

一言でいうと、パパ活は有料のデートのようなものです。

しかし、パパ活でも肉体関係をもつ場合がありますよね?

その場合はどうなのでしょうか。

ここでは2つ目のパパ活と援助交際の違いが関係しています。

2.身体の関係の違い

不特定多数との性交は違法

援助交際・売春は、不特定の相手とお金の絡んだ性行為をすることで、売春禁止法で禁止されている行為になります。

ここでポイントになるのが「不特定の相手」ということです。

つまり特定のパパや愛人と性行為で金銭の授受をしている場合は違法にはならないのです。

パパ活はデートの延長上に性行為がある

パパ活は、不特定のパパと性行為に及ぶわけではありませんよね。

また、デートの延長上にエッチがあり、お互いの合意の上に行われるので違法性はないでしょう。

ただし、自分から「エッチするから5万円ください」などと、女性から金銭を要求した場合はパパ活ではなく援助交際になってしまいます。

パパ活は違法?安全?トラブルや被害にあわない方法

パパ活は違法?安全?トラブルや被害にあわない方法

【違法】売春・援助交際は違法なの?

売春・援助交際の定義

売春

管理人
管理人

違法とされる売春とは、「お金を得るために不特定の相手と性行為をすること」です。

不特定ということなので、たとえ金銭の授受があったとしても特定の相手との性行為は、罪に問われることはありません。

つまり、愛人やパパ活は売春ではないことになります。

援助交際

援助交際は、売春とほぼ同じ意味であり、若者の間で「売春」の意味として使われていた言葉です。

読んで字のごとく「男性が女性を援助しながら交際する」ことなんですが、身体の関係を目的としているので、広い意味では売春と同意義ですね。

主に中高生の売春に使われる言葉で、もちろん違法です。

「援交」と「売春」の違い

では、援交と売春はどう違うの?と思う人もいるでしょう。

お金をもらう代わりに性行為をするという点では意味は同じです。

マスコミなどでは、未成年の売春を援助交際と言っていることが多い印象です。

売春・援助交際で逮捕される場合

管理人
管理人

売春は「売春防止法」という法律で禁止されているものの、売春行為自体に対しては罰則がないので、罪に問われることはありません。

では、援助交際や売春で逮捕されるのはどのような場合なのでしょうか?

法律とともに詳しく見ていきましょう。

児童買春・児童ポルノ禁止法

18歳未満(児童)と知りながら、売春行為を行った場合、児童買春・児童ポルノ処罰法に問われます。

罰則としては、5年以下の懲役または300万円以下の罰金と重いだけではなく、社会的立場を失うという大きなペナルティを受けます。

これは援助交際にだけではなく、18歳未満で肉体関係ありのパパ活をしたときにも罪になります。

参考:児童買春・児童ポルノ禁止法|内閣府

出会い系サイト規制法

管理人
管理人

出会い系サイト規制法は、出会い系サイトを通して18歳未満の児童に援助交際や性交を持ちかける行為に対してかかる法律です。

つまり、18歳未満の女性は出会い系サイト経由でパパ活することはできないということです。

ちなみこの法律は、18歳未満へ向けての場合だけではなく、年齢を問わずに募集した場合でも罪に問われることがありますよ。

不特定多数の人間が見ることのできる出会い系サイトで、売春や援助交際を広めるような書き込みをしてはいけないということです。

これは、出会い系サイト側に対して、健全なサイト運営を求める法律でもありますね。

青少年保護育成条例

18歳未満の青少年が成人と性行為を行うことを禁止する「青少年保護法」という法律もあります。

これは、合意の上であっても、金銭の授受がなくても、成人は18歳未満との性行為はできないということです。

性行為に関しての規制は「淫行条例」と呼ばれています。

パパ活が違法になるパターン3つ

売春や援助交際と違って行為そのものには違法性のないパパ活。

しかし、男女ともに罪に問われてしまう危険なパターンが3つあります。

1.児童(17歳以下)とのエッチありのパパ活

管理人
管理人

絶対にやってはいけないのが17歳以下(児童)の女性との性行為をもなったパパ活です。

児童との性行為は、売春・援助交際と同様に、児童買春となり処罰されてしまいます。

この場合、罰せられるのは男性のみで、パパ活女子は罪に問われることはありません。

出会い系サイトで出会って、相手が女子高生だと知らずに性行為に及んでしまった場合も多いようです。

お小遣い欲しさに18歳以上だと偽ってパパ活をするのは絶対にやめましょう。

軽い気持ちでやったことでも、相手の社会的地位や信用を傷つけてしまうことになります。

2.既婚者とのパパ活

2つ目のパターンは相手が既婚者の場合。

民事上の不法行為として訴えられてしまう可能性があります。

これはパパよりもパパ活女子が罪に問われることが多いパターンです。

パパ活がバレて、パパの奥さんから不貞行為と訴えられ慰謝料を請求されてしまうかもしれません。

裕福なパパは既婚者も多いので注意が必要ですよ。

ただし、この場合は、自分が「相手が既婚者と知らない場合」は慰謝料が請求されないこともあります。

最近は主婦のパパ活も流行っているので、パパが相手の旦那さんに訴えられることもあるようです。

【パパ活×犯罪】パパ活女子が注意するべき犯罪の4パターンとは

【パパ活×犯罪】パパ活女子が注意するべき犯罪の4パターンとは

3.未成年(18歳以上20歳未満)とのパパ活

パパ候補の人に注意してほしいのが18歳以上の20歳未満の未成年とのパパ活。

出会い系サイトは、児童ポルノ法や出会い系サイト規制法の関係で、18歳以上であれば登録可能なところが多いです。

18歳以上は「児童」という扱いにはなりません。

しかし、未成年者とのパパ活は、「未成年誘拐罪」に問われる可能性があります。

これは、保護者の監護権=親が子供を監護し育てる権利を侵害する事になり、お互いに同意していても犯罪になってしまいます。

肉体関係がなくても、未成年と食事をしただけでも、たとえ未遂でも処罰の対象になります。

実際のパパ活逮捕事例を調査

管理人
管理人

では、パパ活で実際に逮捕された実例を見ていきましょう。

男性側だけではなく、女性側が逮捕される事例もありました。

パパ活目的の10代の女性にわいせつ行為

10代のパパ活女子が巻き込まれた事件を紹介します。

若い女性が年上男性からデートの見返りに金品を受け取る「パパ活」で知り合った10代の女性に薬物を飲ませて乱暴するなどしたとして、警視庁捜査1課は22日までに、強盗強制性交容疑で、東京都文京区本郷の無職後藤武彦容疑者(49)を逮捕した。

参照:日刊スポーツ

パパ活で出会った10代の女性に薬を飲ませるなどして乱暴な行為をしたというこの事件。

お小遣い欲しさにパパ活をしてしまう10代の女性は多いと思います。

ご飯食べただけでお小遣いをもらえる、洋服や化粧品を買ってもらえる、と甘い誘惑に軽い気持ちでやっているのでしょう。

しかし、このような事件に巻きこまれる危険性もあるということを忘れてはいけません。

パパ活女子が恐喝容疑

こちらは女性側が、しかも女子高校生が逮捕された事件です。

食事などを一緒にする見返りに金銭援助を受ける「パパ活」中に現金を脅し取ったなどとして、福岡県警は6日、同県大木町の女子高生(16)を恐喝などの疑いで逮捕し、発表した。

「パパ活をしようとしたら盗撮されたので、脅し取った」と容疑を認めているという。

参考:朝日新聞デジタル

SNSで出会ったパパと女子高生と友人で食事をしていたところ、男性がテーブルの下から2人の下着を盗撮。

それをネタにして男性からお金を脅し取った、という事件。

もちろん、盗撮されないように注意する必要はありますが、逮捕されるような行為はしてはいけませんね・・・

パパ装って女性から金品を奪う

こちらもパパ活に多い窃盗被害のケースを紹介します。

女性がインターネットなどで知り合った相手から経済的支援を受ける「パパ活」の男性役を装い、ブランド品を買わせて持ち逃げしたとして、大阪府警南署は8日、窃盗容疑で、兵庫県西宮市枝川町、無職、梅(うめ)景(かげ)典之容疑者(49)を逮捕・送検したと発表した。

同署によると、20~30代の女性6人が腕時計やバッグなど総額415万円相当の被害にあったという。

同署によると梅景容疑者は出会い系サイトで「月50万~60万円を支払い、高級な食事や買い物をさせる」と宣伝。

参考:産経WEST

月50~60万払うお金持ちパパを装って、金品を窃盗した事件です。

出会い系サイトではお金持ちを装って女性と会い、財布や金品を盗んだり、食い逃げややり逃げをする手口も増えています。

この事件のように窃盗であれば警察に届けることはできますが、お手当を払わずに逃げてしまうといったパターンはどうしようもありませんよね。

事件になるよりはマシだったと考えましょう。

甘い言葉に注意!パパ活女子を陥れる詐欺5パターン

甘い言葉に要注意!パパ活女子をおとしいれる詐欺5パターン

パパ活で違法にならないために注意するべきこと

管理人
管理人

パパ活が違法になるパターンは、ほとんどの場合男性側が罪に問われます。

パパ活女子だけではなく、パパ側も最新の注意を払う必要がありますよ。

パパが注意すること2つ

17歳以下との性行為

17歳以下、つまり児童とのパパ活は、食事やデートだけであれば違法になることはありません。

しかし、身体の関係を持ってしまうと、たとえ合意の上でも100%違法になってしまいます。

もし女の子に誘われても安易に乗らないようにしましょう。

児童買春での逮捕は社会的な地位や信用をすべて無くしてしまうことになりますよ。

援助交際と取られるような書き込みをしない

たとえ会員制の出会い系サイトでも、「援助交際」と取られるような書き込みはしないこと。

実際に相手に会っていなくても違法になりますので注意しましょう。

もちろん、優良な出会い系サイトはそのような書き込みはすぐに削除されるようになっています。

パパ活女子が注意すること

18歳未満のパパ活

管理人
管理人

18歳未満、女子高生や女子中学生でどうしてもパパ活をしたい場合は、性的な関係を持たないこと!

ただし、それでも肉体関係を迫られる危険性は十分にあることを理解してください。

個人的にはオススメしませんが・・・

盗難や詐欺に気をつける

パパ活で盗難や詐欺に合うといったパターンは増えてきています。

貴重品から目を離さない、お手当は先払いで現金のみ、個人情報を教えない、などに必ず注意しましょう。

甘い言葉に惑わされないようにしてください。

男性無料の掲示板を使わない

男性が無料の掲示板やSNSはパパ活では使用しないようにしましょう。

これらは、男性の身元がはっきりしないので、ヤリ逃げや詐欺などのトラブルが起こりやすくとても危険です。

パパ活をする際には身分証明を提出しなければ登録できない優良出会い系サイトを選ぶようにしましょう。

Twitterでパパ活は危険!その理由と正しい募集方法を解説します

ツイッターでパパ活は危険!その理由と正しい募集方法を解説します

まとめ

管理人
管理人

パパ活が違法になるパターン3つと、援助交際・売などとの違いについて解説しました。

  • 18歳未満とのエッチありのパパ活は絶対ダメ!
  • 既婚者とのパパ活は訴えられるかも
  • 未成年とのパパ活も違法になる可能性あり

これらに注意して、合法に安全にパパ活をしていきましょう。

男性も女性も、安全にパパ活をするために、男性が有料の出会い系サイトを使用することをおすすめします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

無料のパパ活掲示板(口コミが良いサイト厳選5つ)

【4月・最新版】無料のパパ活掲示板(口コミが良いサイト厳選5つ)

-失敗

Copyright© パパ活なう , 2020 All Rights Reserved.