パパ活の方法

パパ活は違法?安全?トラブルや被害にあわない方法

パパ活は違法?安全?トラブルや被害にあわない方法

女性管理人
女性管理人

こんにちわ!管理人の綾子です。

男性管理人
男性管理人

このページでは「パパ活」が違法なのかどうかについて解説しています。

パパ活を安全に始めるためには、正しい知識とノウハウが必要です。

お金を踏み倒されたり、最悪の場合警察にやっかいに・・・といったトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

そこで今回は、パパ活が違法なのかということと、パパ活でトラブルにあわない方法について、詳しくお答えします!

パパ活は違法?合法?

パパ活は違法?合法?

管理人
管理人

まずはじめに法律の専門家の間では、パパ活は「違法性は問えない」という意見がほとんどです。

専門家の言い方って遠まわしで分かりづらいですね(汗)

これから説明するポイントを外さなければ、合法ってことです。

問題になってくるのが、「パパ活と援助交際の違い」です。

パパ活と援助交際の違い

女性から金銭を要求すると援助交際

管理人
管理人

「女性からエッチに対して金銭を要求した場合」は援助交際になります。

援助交際では、エッチの対価として女性からお金を要求します。

その際に、女性の方から「エッチありで5万でお願いします」というように要求してしまうと「援助交際」を持ちかけているとみなされ違法になっていまいます。

パパからお礼としてもらうのはOK

一方、パパ活の場合は、エッチやデートをしたお礼として、パパの方からお金を渡します。

「○○ちゃんとのデートは楽しかったし、エッチも気持ちよかったよ。これ、今日のお礼ね(5万円渡される)」という感じで、パパから謝礼としてお金を渡すのが「パパ活」です。

こちらの記事にコメントしている弁護士も、女性からお金を要求しない限り、パパ活は違法とは言えないと言っています。

参照:謝礼交際は援助交際とは違うのか?弁護士が語る法的問題点
※謝礼交際はパパ活のことです。

援助交際って処罰されるの?

違法だけど罰則がない

援助交際って処罰されるの?

では、パパ活のつもりでお金の交渉をしていたけど、つい、女性の側からお金の要求してしまったという場合はどうなるのでしょう。

この場合は、援助交際(=売春)で違法になります。

でも、違法だけど処罰はされません。

成人した男女の援助交際は違法だと書かれていても、罰則が定められていないからです。

たとえば、成人した男女が愛人契約を結んだとしても、処罰はされません。

しかし、未成年の女性の場合、援助交際をしたとして男性側が処罰されることはありえます。

処罰されない理由は?

売春防止法は、

「売春する女性は、売春しなければ生きていけないほど追いつめられた弱者だから、救済するべき対象だ」

というスタンスで出来た法律だからです。

つまり「違法だとは書くけど、処罰するとはかかないよ」ということですね。

反対に女性を使って援助交際の斡旋をした人は処罰されます。

参照:違法だけれど罰則なし 「売春防止法」が売春した人を処罰しないワケ

援助交際で処罰されるケース

女性が援助交際で処罰されるケースは?

援助交際自体は罰則はありませんが、「援助交際の募集」を出会い系サイトなどに書き込んだ場合は、女性でも処罰の対象になる可能性があります!

たとえば「サポしてくれる人募集」「エッチありで援助してくれる人募集」「割り切りOK」などのNGワードの書き込みです。

何度も言いますが、成人男女が1対1で話し合って、援助交際をしただけでは処罰されません。

パパ活が違法になるパターン3つ!援助交際・売春との違いを徹底解説

パパ活が違法になるパターン3つ!援助交際・売春との違いを徹底解説

NGワードの書き込みが禁止されている

管理人
管理人

NGワードの書き込みは、売春防止法第5条の一号に書かれている「公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること 」に当てはまります。

これに対しては罰則が書かれているので、処罰される可能性があります。

でも、掲示板を見ると、こういった書き込みがけっこうありますよね。

いつも運営側がチェックしていて、何かのタイミングで見せしめ的に摘発→処罰となる可能性があるので注意しておいてください。

出会い系のアカウント停止・削除になる

NGワードの書き込みでは、処罰されるだけではなく、出会い系サイトのアカウント自体が停止・削除されてしまいます。

アカ停止・削除をされてしまうとパパ活では致命的です。稼げなくなります。

なぜアカウントを削除されてしまうかというと、こういったNGワードの書き込みを放置していると、掲示板を運営している出会い系サイトも売春斡旋の管理者として処罰される可能性があるからです。

運営は、掲示板に書かれたNGワードを必死に探してアカウントを停止・削除します。

パパ活をする時は、「サポ」「エッチあり援助」「割り切り」などの直接的な表現は書かないようにするのがポイントです。

パパ活の禁止ワードまとめ!出会い系で使うと垢BAN!

違法にならない交渉の仕方

罰則がないので、あまり気にせず援助交際をしている子達の方が多いと思います。

でも、中には違法かどうかにナーバスなパパ活女子達もいますよね。

違法にならないためには、自分から援助のお願いをするのではなく、男性から「助けてあげるよ」と言ってくれるのを待つのがポイントです。

【男性】「○○ちゃんに会いたいな」
【女性】「ワタシも○○さんに会いたいよ~」
「でも・・・」

【男性】「どうしたの?」
【女性】「電車賃が・・・先月からアルバイト代の支払いが遅れていて、家賃を払うのもピンチなの・・・」

【男性】「え~、大変じゃん!いくら足りないの?」
【女性】「2万円ぐらいだと思うけど・・・もし、3万円あったらすっごく助かる・・・」

どうしても心配という方は、この方法を参考にしてみてください。

パパ活は安全?トラブルにあわない方法

パパ活は安全?トラブルにあわない方法

管理人
管理人

パパ活は100%安全とは言えません。

見知らぬ人と初めて会うので、トラブルはつきものです。

ですが、起こりうるトラブルはだいたい決まっていて、3つのパターンに分けられます。

この3つのパターンをよく勉強しておいて、対策をしっかり行えば、リスクを限りなくゼロに近いところまでおさえることができます。

しかも、もしトラブルにあっても、被害を最小限におさえることができますよ。

ここで3つのトラブルと対策方法をしっかり勉強しておきましょう。

パパ活でよくあるトラブル!3つ

パパ活でよくあるトラブルは次の3つです。

  1. 金銭トラブル
  2. 身バレ、ハメ撮り被害
  3. 密室内でのトラブル

ほとんどのトラブルは、だいたいこの3パターンのどれかに当てはまります。

1、金銭トラブル

1、金銭トラブル

パパ活で一番多いトラブルです。

金銭トラブルは大きく分けて2つ。

  1. ヤリ逃げ
  2. 盗難

金銭トラブルを含めた、パパ活詐欺については、こちらの記事を参考にしてください。

甘い言葉に要注意!パパ活女子をおとしいれる詐欺5パターン

甘い言葉に要注意!パパ活女子をおとしいれる詐欺5パターン

①ヤリ逃げ

ヤリ逃げはパパ活女子が最も気をつけなければならないトラブルです。

以下のような男性の言葉を絶対に信じてはいけません。

「エッチが終わってから払うよ」
「今日、手持ちが少ない。次のデートで2回分払うから」
「(ホテルを出てから)ちょっとお金おろしてくるから、ここで待ってて(そのまま逃走)」

できる対策はただ一つ。必ず現金前払いでもらうこと!!

お金のあるパパは、こんなケチくさいことを言いません。

気前よく前払いに応じてくれます。

後払いにこだわる男性はかなり怪しいので、条件交渉の段階で切ったほうが良いでしょう。

金払いの悪い男性は、あとあと地雷になる可能性がかなり高いので注意!

②盗難

②シャワー中にお金を盗まれる

次の金銭トラブルは、盗難についてです。

そうそう盗難されることなんて…と思うかもしれませんが、実際にパパ活をしていて財布を盗まれた子もいるんです。

とくに盗難が多いのはシャワータイム!ホテルでシャワーを浴びている間に、カバンの中から財布を盗まれる可能性があります。

対策としてこの2つのポイントを心がけましょう。

  • 男性とデートする日は、現金は必要最低限しか持っていかない
  • キャッシュカード、クレジットカードはすべて家に置いておく

また、財布やかばんからは目を離さないように注意しましょう。

2、身バレ、ハメ撮り被害

あとから大きなトラブルにつながりやすいのが、身バレ・ハメ撮りの被害です。

一度相手に情報、写真をつかまれてしまうことで、一生苦しまなければいけなくなることもあります。

身バレ被害

身バレ被害

  • あなたの本名
  • 住んでいる地域、住所
  • 家族構成や父親の勤務先
  • あなたの勤務先

などが男性に知られて被害にあうケースです。

お互いのことをあまり詮索しないというマナーを守ったパパのほうが多いです。

ただ、もしもトラブルになった時に個人情報を知られていると、自宅や会社に押しかけられたり、仕事中に電話をジャンジャン掛けられたりするリスクも考えられます。

ハメ撮り被害

パパの中にはエッチや裸の動画を撮らせて欲しいとか、写メを撮りたいと言ってくる男性も多いです。

一度ハメ撮りに応じてしまうと、別れたあとに動画や写メを武器にセフレ関係を強要されたり、金品を要求されたりと脅しに使われる危険性があります。

インターネット上に拡散されてしまえば、その拡散を止めるのは至難の業です。

動画や画像ファイルはいくらでもコピー複製ができてしまうので、完全に削除させることはほぼ不可能と思っておいたほうが良いでしょう。

ハメ撮りは違法?

ハメ撮りという行為は、お互いの合意があれば違法にはなりません。

ただし、それを流出させた経緯や、許可なしの撮影だった場合は法律に違反して罰せられます。

ハメ撮りをきっかけにして男女間でトラブルになった場合、次のケースでは法律上の責任がどうなっているでしょうか?
刑事と民事にわけて教えてください。
(中略)
【ケース1】合意のうえでハメ撮りをしたが、のちに関係が破局したため、女は写真を廃棄するように求めている。しかし、男はそれに応じようとしない。

【ケース2】合意のうえでハメ撮りをしたが、後になって女が何も知らないうちに、写真は第三者に公開されてしまっていた。(たとえば、男がうっかり過ってその写真を知り合いに見せてしまったり、パソコンのウィルス感染でインターネットに流出させてしまった)

【ケース3】男女は性行為だけを合意のうえでやったけれども、その際、男がこっそりと隠し撮りしていた。(夫婦・カップル間で盗撮が行われた)

引用:「ハメ撮り」や「流出」で生じる法律上の責任

ケース1
写真や動画などは個人の思い出の範囲内であるため、
合意のうえで撮影した以上は破棄を強制することは出来ない。

ケース2
合意のうえの撮影であっても、
裸の写真や画像などは社会通念上プライバシーとして守られるので
流出させた場合は民事的な責任が生じる。

友達に見せた程度なら流出とは言えず私的利用の範囲なので責任は無い。

ケース3
性行為の隠し撮りは当事者間であっても迷惑防止条例違反。刑事責任が生じる。

引用:「ハメ撮り」や「流出」で生じる法律上の責任

特に相手の自宅は、あなたにだまってカメラを隠そうと思えばいくらでも出来てしまう環境です。

相手の家に行くかどうかの判断は慎重におこないましょう。

3、密室内でのトラブル

管理人
管理人

パパの家やパパの車の中などは、危険性が高いのでよっぽど信頼できるパパ以外は避けるようにしましょう。

紳士的だと思っていたのに、密室になった途端押し倒してきた、というような可能性はゼロではありません。

はじめてのパパとの顔合わせでは特に注意が必要です。

対策として、パパと会うときは以下のことを心がけてみてください。

・カフェやレストランなど人目のある場所で会う
・信頼関係ができるまでは、男性の車・自宅指定されたホテルは避ける

身バレの対策方法とバレてしまった時の対処方法

パパ活トラブルの中でも、常に起こる可能性があるのが「身バレ被害」です。

身バレを防ぎ、パパとのトラブルを回避するためにはどうすれば良いのか。

身バレの対策方法と、バレてしまった時の対応方法について解説します。

身バレの対策方法

対策には、以下のようなパターンがあります。

・名前はニックネームで呼び合い、本名は絶対に明かさない
・住所はもちろん、住んでいる具体的なエリアも言わない
・仕事内容、勤務先など詳しいことは言わない
・個人情報が分かる免許証、健康保険証などは持っていかない
・デートの時は自分の車に乗っていかない、電車移動が基本
※車のナンバーを控えられると、陸運局で住所と持ち主が特定される
・スマホはパスワードロック、指紋認証ロックは必須

もしパパにしつこく聞かれても「もう少し仲良くなってから」と言って、やんわりと断りましょう。

それでもしつこく聞いてくるパパは要注意!ストーカー化の危険があるので距離を取りましょう。

これらの対策を複数取り入れ、パパ活中に徹底するだけでも、かなり身バレを防ぐ効果があります。

身バレしてしまった後の対応方法

気をつけてはいたけど、パパに身バレしてしまった…。

そんな時は、以下の対応方法を実施してください。

・それ以上追加で個人情報を知られないようにする
・こちらもパパの情報を調べる
・もし脅されたら証拠を残しておく
・信頼できる人に相談する

まずは冷静に、バレてしまった情報以外にもバレてしまわないように注意しましょう。

もしトラブルに発展したら証拠は必ず残しておくようにし、1人では対応できないようなら、誰か信頼できる人に相談するようにしましょう。

相談する相手に困ったら『法テラス』に相談するのもおすすめ!

いわゆる相談窓口で、あなたのトラブルに応じた手続き・相談先を紹介してくれます。

ある意味究極のトラブル回避策?「会わないパパ活」とは

管理人
管理人

パパ活女子の中には、トラブルを防ぐためにパパに会わないでお金をもらう「会わないパパ活」を実行している人もいます。

ハメ撮りなどの被害を防ぐのに最も効果的なのは、極論ですが男性と会わないことですね。

会わないでお金をもらうには、以下のようなパターンが考えられます。

  • 出会い系サイトなどで知り合ってメール・LINEでやり取りをする
  • チャットレディをしながらパパを見つける
  • SNSなどでファンを獲得する

お金を振り込んでもらったり、Amazonギフトをもらったり。

会わなくても援助してもらうことは可能です。

ただし、会うパパ活に比べて難易度はかなり高いため、上級者じゃないと稼ぐのは難しいでしょう。

【被疑】会わないパパ活~会わなくても月10万円稼ぐ方法~

安全にパパ活するためのサイト

安全にパパ活するためのサイト

パパ活にはトラブルも多く、とくにあなたの体目当て・個人情報目当ての男性には注意しないといけません。

しかしパパ活トラブルは使うサイト次第でぐっと減らすことができます。

絶対にパパ活で使っちゃいけないサイト

管理人
管理人

パパ活でトラブルが多いのが、男性が無料の掲示板とSNSです。

男性無料の掲示板にはタダで女性とエッチをしたい、身分が定かではない男性しか集まりません。

紳士なパパは、あなたのことを不安にさせるようなサイトは利用しませんよ。

また、最近トラブルが多発しているのがSNSでの出会いです。

会いたいとアピールして、会ってみたらヤリモクだったというパターンが非常に多く、ヤリ逃げされている女性が後を絶ちません。

本当にパパと出会いたいなら、絶対にこの2つは使用しないようにしてください。

パパ活がうまくいかない女子の特徴5つ

パパ活がうまくいかない女子の特徴5つ

パパ活するなら欠かせないサイト

逆にパパ活をする上で絶対に登録しておきたいのが以下の3サイトです。

  • ワクワクメール
  • ミントC!Jメール
  • イククル

この3サイトは口コミ評価も高く、パパ活女子がたくさん登録しています。

若い女性が多い出会い系には、そんな女性と出会いたいパパ候補の男性も大勢いるため、3サイトとも登録すればあっという間にパパを見つけられるでしょう。

女性は完全無料・男性は有料のため、出会いに本気な男性しか集まっていないのも嬉しいポイント。

この3サイトについて気になる方は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

パパ活では掲示板投稿が大事!掲示板の書き方をお手本ありで解説

パパ活では掲示板投稿が大事!掲示板の書き方をお手本ありで解説

まとめ

管理人
管理人

今回は「パパ活は違法?安全?」というテーマで解説しました。

今回の記事の内容をしっかり勉強しておけば、パパ活のトラブルは回避することができます。

うまくトラブルを回避しながら、パパ活を楽しんでくださいね。

無料のパパ活掲示板(口コミが良いサイト厳選5つ)

無料のパパ活掲示板(口コミが良いサイト厳選5つ)【7月・最新版】

-パパ活の方法

Copyright© パパ活なう , 2020 All Rights Reserved.