お金

あなたは納税してる?パパ活に関係する2種類の税金とは

あなたは納税してる?パパ活に関係する2種類の税金とは

男性管理人
男性管理人

こんにちわ!管理人の亮介です。

「パパ活で稼いだお金には税金支払いの義務があるのか。」いざ稼ぎ始めると、不安になると思います。

今回は、パパ活に関係する税金について解説していきます。

効率よく稼ぐ方法だけではなく、お金の問題を回避できるよう、税金についても学んでいきましょう。

パパ活に関係する2種類の税金

まず始めに、パパ活に関係してくる2種類の税金をご紹介します。

1.所得税

1.所得税

1つ目が「所得税」

これは、売上から経費などを引いた、所得(あなたに入る手取り金)に対してかかる税金です。

「定期的な業務」と判断されると所得税

管理人
管理人

なぜ所得税が発生するのかというと、パパ活という「定期的にお金を稼ぐこと」が税務署であなたの"業務"と判断されるからです。

計画的に複数人と関係を持ち、それにより生計を成り立てていたら確かに仕事と変わりませんよね。

そのため、パパ活で大金を稼いでいる女性は、所得税を差し引かれる可能性があります。

副業で20万円以上稼ぐと確定申告が必要

通常、会社員だと税金については会社が年末調整をしてくれます。

ただし、副業の場合は別です。

副業でお金を稼ぐ場合、20万円以上の稼ぎがあったら「確定申告」をおこなわないといけません。

会社員をしつつ副業でパパ活している人は、この点に注意してください。

「ギャラ飲み」「パパ活」で稼いだ!いくら以上だと税金がかかる?

2.贈与税

2.贈与税

2つ目が「贈与税」

これは他者から大きな金額を受け取った際に発生する税金です。

贈与税はお金をもらった側が支払う税金

管理人
管理人

贈与税は「お金を払った人」ではなく、「お金をもらった人」に支払い義務が発生します

パパ活=パパからお小遣いをもらう。

この図式から、パパから多額のお金をもらうと、あなたが贈与税を支払わないといけません。

所得税と贈与税どちらになるのかは、パパ活自体の歴史が浅いので、まだ明確な線引はないようです。

どちらにしても、もらったお金が高額になればなるほど、税金の支払う額も大きくなっていきます。

110万円以上もらうと納税対象

具体的にいくら以上から贈与税が発生するのかというと、「110万円以上」と決められています。

同じ人から110万円もらっても、複数人から110万円もらっても贈与税の対象になりますので、注意してください。

贈与税の対象となる財産・税額の計算方法・申告方法のまとめ

税務署にパパ活がバレる4つのパターン

税務署にパパ活がバレる3つのパターン

「パパ活って納税しなくてもバレないよね?」そう考えて納税ない人が多いのが現状です。

しかし、パパ活は以下のようなところから税務署にバレることがあります。

1.銀行の履歴

管理人
管理人

銀行の履歴から税務署にバレてしまう可能性があります。

  • パパから渡されたお金を入金する
  • パパに直接口座に振込してもらう

急に大きなお金が口座に入ると、税務署はそのお金がどこからきたのか調査します。

その結果、パパ活がバレることがあるので注意です。

2.パパのお金の動き

2.パパのお金の動き
現在、最もバレる可能性が高いのがパパ側のお金の動きを調べられたときです。

  • 口座から定期的に大きな金額を引き出す
  • 会社で不自然な経費が計上されていた

パパは社会的に立場がある人がほとんどなので、パパの方が調べられるパターンが多いです。

3.車・不動産など高額なものをもらった場合

パパから車や不動産など、数百万以上するものをもらった場合、税務調査に入られる可能性が高いです。

不動産を贈与された場合、所有権登記という手続きが必要です。

その際に、法務局から税務署に報告が入り、購入価格や時期、職業や年収などを尋ねられます。

ウソはつけないので、そこで贈与がバレてしまうことになります。

4.マイナンバー

現在は任意ですが、2021年から銀行にマイナンバーの紐付けが義務つけられる予定です。

この紐付けがおこなわれると、低収入なはずなのに高額な振込があったら、すぐにあやしまれるようになります。

以前はバレずに副業できていた風俗業界も、マイナンバーの登場によって、暴かれやすくなっているという話も。

現在は少ないですが、今後はマイナンバーによる発覚も増えていきそうです。

パパに貰ったお金は贈与税や所得税の対象に?パパ活の税金対策を教えます

パパ活に効果的な税金対策

パパ活に効果的な税金対策

稼ぎすぎると納税義務が発生するパパ活。

この税金問題に対する方法をご紹介していきます。

1.パパに雇用してもらう

管理人
管理人

経営者パパが相手なら、パパの会社に雇ってもらう方法が使えます。

雇用形態で給与の支払いを受けとれば、税金の処理はパパの会社にお任せ。

従業員の1人や秘書として雇うパターンが多いですね。

雇用形態を取るためには、かなりの太パパを見つけなければいけないので、難しい手法ではあります。

2.お金じゃなくて物をもらう

2.お金じゃなくて物をもらう

お金を稼ぎすぎると税金が発生するため、お礼を物でもらう方法です。

  • ブランド品
  • 化粧品
  • インテリア

高額な物ではなく、細々とした日用品を全て買ってもらっているというパパ活女子もいますね。

お小遣いをおさえるかわりに、そうやってプレゼントをもらうのもありです。

3.年間110万円以下に抑える

管理人
管理人

贈与税をクリアするためには、年間のもらう金額を110万円以下におさえないといけません。

複数人パパがいる場合は、トータル金額が対象になりますので、注意してください。

1人からもらう金額を110万円以下にしても、他のパパからもらったお小遣いと合わせて110万円以上になれば対象です。

110万円以内に抑えるということは月に稼げるのは9万円までとなります。

未納のペナルティは?

未納がバレるとどんなペナルティが課されるか

追徴課税が発生する

管理人
管理人

国に納めている税金が、本来払うべき額よりも少ないことがバレた場合、追徴課税という税金が発生します。

追徴課税には、延滞税・無申告課税などの重いペナルティが課されます。

数年してから発覚すれば、その分だけ延滞税が発生するため、高額な納税支払いが命令されますよ。

人によっては、その納税のせいで自己破産に追い込まれることも…。

ペナルティを受けないために確定申告を

パパ活はバレないと思っている人も多いと思いますが、パパ活で稼いでいる以上、確定申告は必須です。

特に、月100万など高額を稼いでいる人は必ず納税しましょう。

バレたときに痛い目を見るのは自分ですよ。

確定申告の基礎知識

ところで話は変わりますが「キャバ嬢」の税金は?

キャバ嬢も高額な収入・男性からのプレゼントをもらっていますね。

パパ活同様、キャバ嬢も確定申告をする必要があります。

ただ、ほとんどのキャバ嬢は面倒でやっていないみたいですが…

お店に雇用されている=自分で納税する必要はなし

管理人
管理人

お店と雇用関係が成り立っており、税金の処理ををお店がやってくれる場合は、個人で納税をする必要はありません。

キャバ嬢はパパ活と違い、お店に雇われています。

税金の処理はお店任せですね。

副業キャバ嬢=金額次第では納税が必要

本業があって、お店と雇用契約を結んでいないキャバ嬢は、自分で納税する必要があります。

ボーダーはパパ活と同じ。

副業で20万円以上の稼ぎがある場合は、自ら確定申告をおこなわないといけません。

売れっ子キャバ嬢は税理士にお願いしている

売れっ子のキャバ嬢ともなると、その稼ぎは一般会社員の比ではありません。

税金は、稼げば稼ぐほど高くなります。

売れているキャバ嬢は、延滞税などを恐れて税理士を雇うようですね。

ある程度稼げるようになったら、お金の計算はプロにお任せ。

一番効率的な方法です。

まとめ

管理人
管理人

パパ活では、高額稼いでいる場合は納税義務が発生します。

逃れようとしてもバレる可能性があり、稼ぎすぎには注意が必要です。

納税対策をするか、稼ぐからには納税も意識するか。

パパ活で稼ぐためにも、自分に合っている方法を学んでいきましょう。

パパ活で副業・パパ活で本業以上に稼ぐ美容師にインタビュー

パパ活で副業・パパ活で本業以上に稼ぐ美容師にインタビュー

-お金

Copyright© パパ活なう , 2020 All Rights Reserved.