パパ活の方法

サイポリに補導される?女子高生のパパ活の違法性とリスクを解説

女性管理人
女性管理人

こんにちわ!管理人の綾子です。

最近、JKやJCののパパ活が問題になっていますよね。

今ではパパ活はOLや大学生だけのものではないようです。

実際に未成年でもパパ活したいけど、違法じゃないのか・危険はないのか、など気になっている人もいるでしょう。

そこで、今回は未成年・女子高生のパパ活の違法性やリスクについて詳しく解説していきます!

高校生だけどパパ活したいと思っているあなた、ぜひチェックしてみてくださいね。

中学生・高校生のパパ活は違法?

管理人
管理人

未成年のパパ活は、18歳未満かそれ以上かによって違法が合法か分かれます。

18歳未満は違法

あなたが18歳未満の場合、パパ活は「違法」になってしまいます。

18歳未満は「児童」

法律では18歳未満は児童という扱いになります。

児童は法律では守られるべき存在なので、多くの法律が適応されます。

児童と肉体関係を持つのは犯罪

例えば、児童と肉体関係を持つことは「児童買春法」「児童福祉法」「淫行条例」に違反しており、罰金や懲役などの処罰がくだされます。

つまり、女子高生や女子中学生のパパ活は違法になってしまいます。

ではエッチなしのパパ活ならOKなの?という疑問がでてきますよね。

肉体関係なしでも違法になる

管理人
管理人

性的関係を持たず、ただ食事やデートを楽しんでお金をもらうのは、合法と言えます。

しかし、パパ活が親にバレて警察に通報したり、夜間にパパと出歩いたりしていると違法になるので注意が必要。

保護者以外の男性が夜間に児童を連れ歩く行為は、各都道府県で定められている「青少年保護育成条例」に違反しています。

また、親が通報した場合はパパが「誘拐罪」になってしまうことも。

18歳以上は合法

一方、高校生であっても18歳以上であれば、パパ活は合法になります。

出会い系サイトの登録は18歳からOK

管理人
管理人

パパ活に欠かせない出会い系サイトの登録は、18歳から可能です。

つまり、女子高生でも18歳の誕生日を迎えた後は、出会い系サイトを通じてパパ活しても問題ないということです。

ちなみに出会い系サイトは、「出会い系サイト規制法」により、18歳未満の少年少女の会員登録や、18歳未満に対して性行為を持ちかけるような書き込みをするのも禁止されています。

参照:出会い系サイト規制法|警視庁サイバー犯罪対策

性行為は合法

また、18歳以上であれば性行為をしても罪に問われることはありません。

しかし女子高生の場合は学校にバレてしまったり、補導されてしまうリスクがあるので注意が必要ですよ!

JKがパパ活するリスクとは

違法だとわかっていてもパパ活をする女子高生は後を絶ちません。

女子高生・中学生がパパ活するリスクについて説明します。

事件に巻き込まれる可能性

管理人
管理人

女子高生でパパ活しようとしている人に一番知っておいてほしいのは、パパ活で強姦・殺人などの事件に巻き込まれる可能性があるということです。

高校生までの女の子はまだ人生経験が未熟なため、判断力が低いです。

お金をあげるからという甘い言葉に惑わされて危険な目に合ってしまうかも。

パパ活を装った男性に性的暴行をされたり、最悪の場合殺人事件に発展する可能性だってあります。

パパ活は気楽にできるイメージがありますが、そういう危険と隣り合わせだということを忘れてはいけません。

パパ活が発端で起こった怖すぎる殺人事件4選

補導される可能性

女子高生や女子中学生が、年上の男性と親しげに歩いていたらどう思いますか?

「親子かな?」「兄弟かな?」と思うのが普通ですが、手を繋いでいたりイチャイチャしたりしていたら、明らかにおかしいと思いますよね。

そのような場合は、警察に通報される可能性もありますし、補導されてしまうこともあります。

合意の上であっても人前では怪しい行動を取らないようにしなければなりません。

もし補導されてしまったら、家族や学校に連絡がいくことになり、パパは最悪の場合逮捕されてしまいます。

サイバーポリスによるサイバー補導

管理人
管理人

最近、児童が犯罪に巻き込まれるのを防ぐために、ネット上ではサイバーポリスによるパトロールが行われています。

いわゆる「サイバー補導」と言われるもので、ネット上でパパ活募集している女子高生たちを補導するものです。

サイバーといっても、れっきとした本物の警察です。

軽い気持ちでネット上でパパ活募集をしてはいけません。

学校にバレる可能性あり

もしも学校にバレたらどうなるかというと、最悪の場合は退学処分になることもあるでしょう。

退学にならなかったとしても、自宅謹慎や停学処分は十分にありえます。

しかも、その間に校内で噂になってしまう確率も高いです。

学校の評価や内申点にも響くのは間違いありません。

目先のお金に目がくらんだせいで、将来の道が絶たれてしまうこともあると覚えておきましょう。

パパが逮捕される

管理人
管理人

JKがパパ活をしていて、罪になるのは男性側、つまりパパのみです。

なぜなら、法律は女子高生=児童を守るようにできているからです。

たとえパパ活がお互いの合意の上であっても、パパが罪に問われてしまうのを忘れないで。

軽い気持ちでしたことが、一人の大人の人生そのものを狂わせてしまう可能性が潜んでいるのです。

それでもパパ活JKがしたい!抜け道はあるの?

女子高生のパパ活はリスクがとても大きいことをお話しました。

それでもJKパパ活したい!と思うのであれば、以下のことに注意するようにしてください。

ただし、これらを守っていたからと言って、確実に罪に問われないとは言い切れません。

肉体関係なし

管理人
管理人

女子高生がパパ活するためには、性的関係を持たないことが最も大事です!

つまり、一緒にご飯を食べるだけ、買物に行くだけ、などのデートのみであればOKです。

デートを純粋に楽しんでもらってお手当をもらうのであれば違法にはなりませんよ。

未成年とのパパ活は、パパにとってもリスキーなので、健全な関係で楽しむ男性も多いようです。

パパ探しは出会い系サイト以外で

18歳以下の女子高生は出会い系サイトを使用することができないことは先程もお話しましたよね。

では、女子高生はどのようにしてパパを探せば良いのでしょうか?

いくつか解説していきましょう。

人づてに紹介してもらう

人づてに紹介してもらう、これが最も安全な方法と言えますね。

確実にパパに会うことができるのと、人の紹介なので犯罪などの危険性は低いでしょう。

キャバクラでバイトしている先輩などがいたら紹介してくれるように頼んでみても良いかも◎

SNS

年齢確認のないTwitterやInstagramなどのSNSでのパパ募集も多いですよ。

「#パパ活JK」「#パパ活JC」などのハッシュタグを見てみると、多くの未成年たちがパパ募集を行っています。

しかし、SNSでのパパ募集は詐欺やヤリモク、サイバーポリスによる補導などのリスクもあります。

また、出会い系サイトに比べてパパ候補の男性が圧倒的に少ないのもSNSで募集するデメリットです。

ツイッターでパパ活は危険!その理由と正しい募集方法を解説します

ツイッターでパパ活は危険!その理由と正しい募集方法を解説します

夜のデートはNG

女子高生がパパ活する場合、青少年保護育成条例に引っかかるので、夜間のデートは避けたほうが無難です。

また、夜間に制服を着てパパと歩いていると、補導される可能性が高いですよ。

パパが逮捕される危険性もあるので、お互いの安全を重視して行動するようにしてくださいね。

サイバーポリスってなに?

女子高生のパパ活でよく見かける「サイポリ」とは一体何なのでしょう?

詳しく解説していきましょう。

ネット上の犯罪を取り締まる警察

管理人
管理人

「サイポリ」とはサイバーポリスの略で、ネット上での犯罪を対策する警察組織のことです。

最近では、サイポリによって未成年のパパ活女子が補導された例も少なくありません。

パパ活で犯罪に巻き込まれるのを防ぐ

パパ活をしたい女子高生にとっては、サイポリは疎まれる存在ですが、実際はネット上で未成年が犯罪に巻き込まれるのを防ぐためにパトロールをしています。

援助交際やパパ活などを目的として、金銭を伴う性行為の相手を募集している書き込みに対して、警察の公式アカウントからこのような警告のリプライが届きます。

これは、中高生が犯罪に巻き込まれるのを防ぐために行っています。

あくまでも未成年の安全を守るためにパトロールしていることを忘れないでくださいね。

パパ活ツイート、全国の警察が返信 隠語をパトロール

サイポリのおとり捜査

サイポリは、パパ活をしている中高生に対して、パパを装ってメッセージし補導するという「おとり捜査」のようなこともしています。

まず、サイポリはパパ募集の書き込みに「パパ」としてメッセージをおくります。

その後、やりとりの中で中高生であることや、性行為で金銭を得ようとしていることがわかったら、警告を受けることになります。

また、実際に会う約束をして、待ち合わせ場所で補導されることもあります。

サイポリの特徴

年齢をしつこく聞いてくる

年齢をしつこく聞いてくるのがサイポリの一つの特徴です。

平日は学校に行ってるの?など質問されたら、中高生かどうか探っている可能性がありますよ。

顔写真は送ってこない

管理人
管理人

相手がサイポリだった場合、顔写真を送ってくることはありません。

また、送ってと言っても嫌がることが多いようですよ。

本当は警察なんですから、当然のことですよね。

相手からは誘ってこない

また、相手がサイポリの場合、自分から条件などを提示することはありませんし、会おうとはしてきません。

他人をそそのかして犯罪をさせることは違法になるので、警察の方からはアクションを起こさないのが特徴の2つ目です。

あくまでもパパ活女子から誘われるのを待っているのです。

JKパパ活女子のサイポリ対策

管理人
管理人

ツイッター上で見つけたパパ活JKのサイポリ対策を紹介します。

夏休み・クリスマスなどの書き込みを避ける

夏休みやクリスマス前などはサイポリが増える時期と言われています。

夏休み中は学校が休みなので、特に中高生のパパ活が増える時期でもあります。

サイバーポリスはその時期を狙って取締りを強化するのです。

JKのパパ活女子はそれらの時期の前に定期パパを見つけるようにしているようですよ。

顔写真を送ってもらう

サイポリでない証明として、顔写真を送ってくれることを条件にしているパパ活女子もいます。

顔写真を送ってくれる人であれば、サイポリでもなく、パパとしても安心できますよね。

会う前にお金を払ってもらう

パパ活のお手当は現金で先払いしてもらうというのが鉄則ですが、会う前にWEBマネーで払ってもらうというサイポリ対策をしている人もいます。

サイポリは高い金額でもOKしてくれることが多いので、怪しいなと感じたら先払いをお願いしてみると良いかもしれませんね。

パパ活は成人してからにしましょう

管理人
管理人

何度も言いますが、女子中高生のパパ活はとても危険です。

パパ活をしている筆者個人の意見としても、パパ活は成人してからがおすすめです。

パパ活をしても「自分は逮捕されることはないから」と軽く考えている人もいると思います。

しかし、パパが逮捕されてしまうこともあるということを忘れてはいけません。

逮捕されてしまったら、パパの社会的地位や信用を奪ってしまうことにもなりかねません。

自分の行動に責任を持ってパパ活してくださいね!

パパ活が違法になるパターン3つ!援助交際・売春との違いを徹底解説

パパ活が違法になるパターン3つ!援助交際・売春との違いを徹底解説

まとめ

管理人
管理人

最近増えている女子高生のパパ活について解説しました。

  • 女子高生・中学生のパパ活は違法
  • 出会い系サイトの登録は18歳以上から
  • SNS上のパパ活募集は犯罪に巻き込まれる危険性
  • サイバーポリスによる取り締まり強化も

どうしてもパパ活をしなければならない女子高生や女子中学生がいるのならば、法に触れないように注意してくださいね。

18歳以上の女の子は出会い系サイトに登録ができるので、優良な大手パパ活掲示板を利用するのがおすすめです。

無料のパパ活掲示板(口コミが良いサイト厳選5つ)

無料のパパ活掲示板(口コミが良いサイト厳選5つ)【最新版】

-パパ活の方法

Copyright© パパ活なう , 2020 All Rights Reserved.